知っておきたい認知症トップ > アルツハイマー病についてアルツハイマー病と認知症の違い

アルツハイマー病と認知症の違い

アルツハイマーと認知症の違い

一般的な見方だと、アルツハイマー病と認知症というのは、同じ病気と思われています。
どちらも痴呆の症状が出るため、同じ病気というイメージになってしまうのはしょうがないことかもしれません。

確かに、アルツハイマー病は、認知症を引き起こす原因となる病気の一つです。
そのため、アルツハイマー病による認知症というのは、アルツハイマー型認知症と呼ばれています。
ですが、アルツハイマー型認知症は、あくまでも認知症の種類の中の一つで、アルツハイマーと認知症は同義語ではありません。

アルツハイマー型認知症の種類

アルツハイマー型認知症は、さらに2つの種類に分かれます。
それは、家族性アルツハイマーというものと、アルツハイマー型老年認知症というものです。
特に多いのはアルツハイマー型認知症で、これは60歳以上の方に発症する認知症です。

アルツハイマー病も認知症も、どちらも症状は同じようなものです。
基本的に、物忘れがひどくなり、それがどんどん進行していきます。では、アルツハイマー病と認知症は何が違うのでしょうか。それは、脳の病気になっているかどうかの違いなのです。

脳の委縮が原因で起こる病気

簡単に言ってしまうと、アルツハイマー病は脳の委縮のせいで起こる病気です。認知症は、脳機能が低下してしまうことで、物忘れなどの症状が起こります。

つまり、アルツハイマー病を治すためには、医療機関での治療が必要となるのです。
でも、認知症の場合は、治療はもちろんですが、軽度の場合はリハビリテーションで改善出来ることもあります。
これが、アルツハイマー病と認知症の大きな違いと言えるでしょう。

スポンサードリンク


Copyright © 知っておきたい認知症?アルツハイマー病のこと、症状・治療等を解説? All Rights Reserved. ※当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます。