知っておきたい認知症トップ > 認知症について

ぼけるとはどういうこと?

ぼけは高齢者の代表的な症状です。
これは脳細胞の老化が進むことで脳の機能低下によって起こることが原因で、いわば一種の生理現象といえます。症状から認知症と混同されるケースもありますが、ぼけは認知症のように極端な脳の萎縮が起こるわけではありません

そのため、脳を活動させる毎日を送っていればある程度は予防が出来る症状なのです。
いつまでも若々しくいるためにも、趣味を持つなどの工夫をしぼけ防止をしていきましょう。

ぼけ症状とはどういうこと?
脳の神経細胞が老化することで機能低下を起こし、記憶や思考能力の低下が現れている状態をいいます。
健忘症(物忘れ)と認知症の違い
健忘症(物忘れ)は生理的な老化減少に起こる症状です。記憶力や思考力がの低下が原因とされています。
ぼけやすい人の特徴
無趣味な人や無味乾燥とした日々を送っているなど、好奇心や探求心が少ない人はぼけやすくなる傾向があります。
ぼけ予防のポイント
ボケの予防には趣味やスポーツを楽しんだり、旅行に出かけるなど有意義で活動的な生活を送るようことが大切です。

認知症について

日本では高齢者の4人に1人が認知症を患っているといわれています。
認知症は脳の萎縮や脳細胞の壊死が急劇に進む病気で、記憶力、注意力、感覚機能、言語能力などが大幅に低下する症状が起こります。

アルツハイマー病や脳血管障害が主な原因になりますが、根本的な原因についは未だ解明されておらず、治療も進行を遅らせることしか出来ないのが現状です。
また、働き盛りの年齢の方が発症するケースもあるなど大変怖い病気なのです。

認知症とは?
脳細胞の壊死や脳の萎縮や急劇に進む疾患です。記憶力・注意力の低下、失語症などの症状が伴います。
認知症を起こす代表的な病気
認知症はアルツハイマー型認知症、ビー小体型認知症などによって引き起こされますが脳血管障害などが原因になることもあります。
認知症になりやすい人
喫煙者や高脂質な食習慣の人、趣味がなく社交性が弱い、運動不足な人は認知症の発症リスクを高めるといわれています。

Copyright © 知っておきたい認知症?アルツハイマー病のこと、症状・治療等を解説? All Rights Reserved. ※当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます。