知っておきたい認知症トップ > 認知症についてぼけ予防のポイント

ぼけ予防のポイント

活動的な毎日を送ることが大切

ぼけ予防のポイントは、日ごろから有意義で活動的な毎日を送るよう心掛けることが大切です。

例えば、日ごろから趣味を持つのはぼけ予防には良いことです。
ぼけやすい人は趣味がほとんどないという人が特徴のひとつだからです。そのため、趣味を持って、脳に刺激を与えることで、脳の急激な老化や痴呆を未然に防ぐことができます。

趣味で考えると、スポーツを定期的に楽しんだり、旅行に出かけて新たな発見を楽しんだり、語学や芸術を学んだりすることによって、脳に良い刺激を与え、ぼけを予防することができます。
お金をかけなければこうしたことはできないと思われがちですが、無料で行なわれている語学サークルや、スポーツ愛好会などに所属すれば、お金をかけずに楽しむこともできます。

社交的な活動に携わる

また、他の人との交流や新たな友達や仲間を見つけることもボケ予防には効果的です。
脳は老化とともに、様々な欲求も併せて低下していきます。
こうした状況に身を任せておくと、やがては外に出るのが億劫になり、他の人と一緒にいることが苦痛になることさえなるようになります。こうなる前に、社交的な活動に携わったり、交流会やボランティア活動に参加したりすることでぼけを予防したいものです。

こまめな外出も予防に効果的

外出をこまめに行なうこともぼけ予防には効果的です。
買い物に出かけたり、犬の散歩に出かけたり、それ以外にも家族で外を一緒に歩いたり、個人で散歩やウォーキングを楽しんだりすることも予防には効果があります。

スポンサードリンク


Copyright © 知っておきたい認知症?アルツハイマー病のこと、症状・治療等を解説? All Rights Reserved. ※当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます。