知っておきたい認知症トップ > 沢山ある、認知症を引き起こす病気脳梗塞(原因・症状・治療など)

脳梗塞(原因・症状・治療など)

脳梗塞の特徴や原因

脳梗塞とは、脳の血管がつまって血液の流れに障害が生じて、脳の一部分に血液が行き渡らずに壊死してしまう状態のことをいいます。事前に気付く場合もありますが、そういう人はまだまだ少なく、現代人の死亡原因の第3位になっています。

主にラクナ梗塞、心原性脳塞栓症、アテローム血栓性脳梗塞の3つの病態がありますが、近年は特にこのアテローム血栓性脳梗塞と呼ばれる脳血栓症が増えてきています。

症状

症状としては、ラクナ梗塞はさまざまな症状があり、中には症状の出ないものもあります。
目に見える症状として挙げられるのが、失語意識障害、けいれんなどでこれらは梗塞を起こしている部位によって違います。

心原性脳塞栓症は、突然強い意識障害が起きることが特徴で、正常な血管が突然詰まるために症状も突然出現すると言われています。また治療によりこの血栓が取り除かれても、脳内で出血する出血性脳梗塞へと移行する場合があるのも特徴のひとつです。

最後のアテローム血栓性脳梗塞は、動脈の狭窄がゆっくりと進み、比較的症状が軽いことが多いようです。

治療

これら脳梗塞の治療は、何においても血栓の溶解と血流を再開させることが最優先となります。
また、脳が腫れる脳浮腫が起こり、この脳浮腫の管理が予後を大きく左右するので慎重に治療を進めていく必要があります。

そして手足の麻痺が見られる場合は、なるべく早めにリハビリを始めることが大切で、関節運動を行います。
さらに再発を防止することも重要なので、リハビリと平行して治療を行うのが一般的です。

スポンサードリンク

>> 関連記事一覧

関連記事


Copyright © 知っておきたい認知症?アルツハイマー病のこと、症状・治療等を解説? All Rights Reserved. ※当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます。