知っておきたい認知症トップ > 沢山ある、認知症を引き起こす病気脳出血(原因・症状・治療など)

脳出血(原因・症状・治療など)

脳出血の特徴や原因

脳出血とは、
脳内の血管が破れて脳内に出血した状態のことをいいます。
そして血腫が大きくなると脳浮腫が起こり、頭蓋内の圧が上がって脳ヘルニアと呼ばれる状態に至ります。

脳ヘルニアは、脳幹を圧迫している状態なので、症状が重い場合は呼吸機能や心臓の機能そのものを損なわせ、死に至ることもあります。
ここまでに至らずとも、運動障害認知症などの後遺症で苦しむ患者が多いのが特徴です。
原因は主に高血圧で、生活週間の乱れや加齢などで起こりやすくなるようです。

症状

症状は一般的に頭痛や意識障害、片側麻痺などが見られますが、出血を起こした部位によってその症状は少しずつ違うようです。小脳出血においては突然のめまいや嘔吐、歩行障害も見られ、皮質下出血では半盲や失語などの症状もあるようです。
視床出血においては、出血が起こった後で視床痛という半身の痛みが起こることもあります。

治療

治療は、血腫による脳の損傷をできるだけ軽くすることが最優先となります。そして血腫の増大を防ぐことで、脳を圧迫させないことも重要になってきます。
同時に合併症の予防も大切で、高血圧に対する治療や管理も行います。

脳出血に関しては、外科的治療はあまり実施されていません。
これは血腫の大きさにもよるようですが、深昏睡の場合にも手術適応はないというのが一般的見解です。
また脳出血の患者は意識障害の他に、呼吸障害がある場合も多く、一刻も早い専門的処置が不可欠であると言えるでしょう。

スポンサードリンク

>> 関連記事一覧

関連記事


Copyright © 知っておきたい認知症?アルツハイマー病のこと、症状・治療等を解説? All Rights Reserved. ※当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます。