知っておきたい認知症トップ > 沢山ある、認知症を引き起こす病気脳挫傷(原因・症状・治療など)

脳挫傷(原因・症状・治療など)

脳挫傷の特徴や原因

脳挫傷とは、頭部に外傷的な強い衝撃を受けたときに、脳本体に損傷を受けて発生する病態です。
この場合、頭蓋骨骨折などが起きていることもあり、多くは脳内出血も併発しています
意識障害や運動障害はもちろん、重症になると昏睡状態に陥ることもある重大な病態といえます。

症状について

また脳内出血と、挫傷した部分とその周りがむくんでくる脳浮腫といわれる症状が起きると、意識障害を起こし、激しい頭痛や嘔吐などの症状が見られることもあります。

外傷を受けた部分に障害が見られることは当然のこと、その反対側の脳の広範囲にも障害が見られるのが特徴です。これは外傷によって衝撃が反対側にも広がり、脳そのものがその部分の頭蓋骨の内側にぶつかって起こるものだと考えられています。

治療方法

治療は出血が多い場合などはのぞき、原則手術などは行わずに保存的な治療が施されることがほとんどです。脳浮腫が見られる場合には、脳内の圧力が上がっているため圧力を下げる治療が行います。この治療は点滴がほとんどですが、まれに頭蓋骨をはずす外減圧術という外科的な治療を行うこともあるようです。

昏睡状態などの重症になると、命の危機にも発展してしまうのが現状で、たとえ治癒に至っても、その後は運動機能障害や失語などの後遺症が残ることも多いのが脳挫傷です。
ですから脳挫傷を起こした後の社会復帰には、本人がリハビリに熱心に取り組むことと、周囲の支えが不可欠だといえるでしょう。

スポンサードリンク

>> 関連記事一覧

関連記事


Copyright © 知っておきたい認知症?アルツハイマー病のこと、症状・治療等を解説? All Rights Reserved. ※当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます。