知っておきたい認知症トップ > 沢山ある、認知症を引き起こす病気脳内出血(原因・症状・治療など)

脳内出血(原因・症状・治療など)

脳内出血の原因

認知症を引き起こす原因となる病気のひとつに、脳内出血という病気があります。
この脳内出血の主な原因は、何と言っても高血圧です。

長年にわたって高血圧の状態が続いた場合、脳の深いところに栄養を送るための血管で動脈硬化が起こります。これをこの状態のまま放置してしまうと、血管が血圧の変化に対応できずに、最終的には血管が切れて出血してしまうのです。このことによる出血量が多ければ多いほど、意識障害が起こりやすくなり、重篤な場合は生命の危機に陥るのです。

症状について

脳内出血が原因で起こる症状にはさまざまなものがありますが、軽いものではしゃべりにくさを感じたりといった症状があります。さらに手足のしびれや運動麻痺、さらには視野が狭くなるといった症状も出てきます。
そして意識障害の症状ですが、これは寝てしまうという概念ではなく、起きなくなってしまうという概念の方がしっくりくるような、重篤な症状になります。

治療

脳内出血には主に2つの治療法が考えられます。投薬による治療と、手術による治療の2つです。
どちらを選択するかの基準は、出血量の多さなどです。

出血量が少ない場合には投薬による治療を選択し、出血量が多い場合は症状が重くなってしまう可能性もあるために、手術による治療が選択されます。またもちろん、両方の方法を併用する場合も多々あります。
そしてそれと並行して、リハビリテーションを行うことも、後遺症などを軽減させるためには非常に重要です。

スポンサードリンク

>> 関連記事一覧

関連記事


Copyright © 知っておきたい認知症?アルツハイマー病のこと、症状・治療等を解説? All Rights Reserved. ※当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます。