知っておきたい認知症トップ > 沢山ある、認知症を引き起こす病気進行麻痺(原因・症状・治療など)

進行麻痺(原因・症状・治療など)

進行麻痺とは?

進行麻痺とは、梅毒に感染してからおよそ10年以降に発症する脳疾患です。
梅毒は主に感染症、性病として広く知られていますが、この梅毒トレポネーマが脳の実質にまで至り、その結果発症する精神疾患です。

梅毒に感染した患者のうちのおよそ5パーセントが発症するとされ、梅毒の初期治療が不十分だった場合に発症の可能性が高まります。この進行麻痺は、別名「脳梅毒」「麻痺性痴呆」とも呼ばれています。

主な症状や原因

進行麻痺の主な症状は、痴呆と同時に手足がけいれんし、徐々に体全体が麻痺を起こします。そしていずれ人格が崩壊してしまうという恐ろしい病気なのです。

適切な治療をせずに放置すれば、余命は発症からおよそ3年とも言われます。
当初はこの症状の原因はまったくわかりませんでした。しかしのちに、患者にはある共通点があることがわかり、原因が解明されたのです。

その原因というのが、患者は皆10年から20年前に梅毒への罹患歴がありました。
その時感染した梅毒トレポネーマが長期間に渡って潜伏して脳に至り、進行麻痺となったのです。

治療について

昔は原因不明の病だっただけに、現在では考えられないような治療が施されたこともあったようです。しかし現在は原因も解明され、抗生物質も生産されたため、これが有効に使われるようになりました。

ペニシリンが主に使用し、これにより進行麻痺の症状が劇的に改善されることがわかっています。
進行麻痺は確かに怖い病気ですが、現在ではそういった考えが少しずつ変わってきているのです。

スポンサードリンク

>> 関連記事一覧

関連記事


Copyright © 知っておきたい認知症?アルツハイマー病のこと、症状・治療等を解説? All Rights Reserved. ※当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます。