知っておきたい認知症トップ > 沢山ある、認知症を引き起こす病気肝性脳症(原因・症状・治療など)

肝性脳症(原因・症状・治療など)

肝性脳症の原因について

肝性脳症とは、肝硬変などによって肝機能がうまく働かなくなった時に慢性的に起こる病気です。
この病気の原因は、いまだ解明されていません。

しかし、肝不全因子アンモニアが重要だということはわかっていて、これによってさまざまな肝性脳症が発症すると言われています。さらにはアミノ酸の偏りによっても、神経伝達障害が起こるとも考えられています。

症状について

肝性脳症の症状は主に意識障害が中心です。
それに加えて精神症状や、行動異常なども見られるようになります。

さらに症状が進行するとせん妄や見当識障害、さらには言語障害までもが表れ、徐々に昏睡状態へと進んでいきます。これらと同時に、不随意運動や振戦などの運動障害も発症する可能性があります。
末期症状では完全に意識を失っていき、どんな刺激に対しても反応がなくなっていくのです。

治療

肝性脳症の治療方法は、一般的に内服薬や注射によって行われます。
内服薬は、アンモニア産生腸内細菌を抑制するための抗生物質を使用し、注射では特殊アミノ酸製剤を用いて血液の中のアンモニア濃度を下げます。

同時にたんぱく質の摂取が制限されますが、これは主に食事制限で行います。
まずは肝性脳症にならないために早めの治療を施すことが大切です。
しかし肝性脳症になってしまった場合でもコントロールすることは可能なので、専門医の指示にしたがって服薬をきちんとするなど、周囲の人も含めて病気ときちんと向き合うことが大切です。

スポンサードリンク

>> 関連記事一覧

関連記事


Copyright © 知っておきたい認知症?アルツハイマー病のこと、症状・治療等を解説? All Rights Reserved. ※当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます。