知っておきたい認知症トップ > 沢山ある、認知症を引き起こす病気電解質異常(原因・症状・治療など)

電解質異常(原因・症状・治療など)

電解質位異常とは?症状など

電解質異常というのは、血液中のミネラル分などの電解質のバランスが保たれていない状態です。そして電解質はバランスが保たれなくなると、さまざま体の不調が表れてきます。

例えば内臓機能の働きが悪くなったりといったことですが、これらがひどくなると生命維持の危機に発展することもあるのです。特に高齢者や抵抗力が低くなっている人などは注意しなければいけません。

原因について

電解質異常が起こる原因は、下痢脱水症状などで水分のバランスが崩れること、また薬の副作用などが原因で起こることがあります。
この電解質異常は、症状が分かりづらい場合も多々あるので、少しでも電解質異常が疑われる要素があれば、早めに血液検査をすることが重要です。

また重い病気にかかっている人などは、食事の摂り方によっても電解質のバランスが崩れる場合があるので、専門医の指示にしっかりと従う必要があるでしょう。
その他には体力が低下しているとさまざまな病気にかかりやすくなり、それによって電解質異常となることもあり得るので、しっかりと体力と抵抗力をつけることも大切です。

治療

治療方法は、不足している電解質の種類を検査によって明らかにし、その足りない電解質を補う処置が施されます。この場合は、点滴による処置が一般的です。

さらに補うことだけではなく、必要に応じて過剰な電解質を取り除く処置なども行われます。
この場合、対症療法としての点滴などが行われているようです。

スポンサードリンク

>> 関連記事一覧

関連記事


Copyright © 知っておきたい認知症?アルツハイマー病のこと、症状・治療等を解説? All Rights Reserved. ※当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます。