知っておきたい認知症トップ > 沢山ある、認知症を引き起こす病気突発性正常圧水頭症(原因・症状・治療など)

突発性正常圧水頭症(原因・症状・治療など)

突発性正常圧水頭症とは?

突発性正常圧水頭症はこれといった原因がないにも関わらず、脳の髄液が溜まり過ぎてしまう病気で、高齢者が圧倒的に発症しやすい病気です。

髄液が溜まると、脳の機能は低下します。それにより頭痛や嘔吐、さらには意識障害等の症状が現れてしまいます。この病気の最大の特徴は、認知症でありながら、髄液シャント術という簡単な手術で治療することができるということです。

症状について

突発性正常圧水頭症の典型的な症状として、認知障害、歩行障害、尿失禁の3つが挙げられます。
しかしこの3つの症状すべてがそろうわけではなく、どれかひとつが出現する場合もあります。

歩行障害で見られる特徴は、歩幅が狭くなったり、椅子などから立ち上がりにくくなる等があります。これらの歩行障害は、髄液シャント術によって改善する可能性が高いことがわかっています。

また認知障害の初期には、今まで活動的だった人が急に無関心になったりといった症状が見られます。そして症状が進行すると、場所や時間に関する記憶が失われる見当識障害も出てきます。
尿失禁に関しては、我慢が利かなくなるのが特徴で、さらに歩行障害があるために漏らしてしまうようです。

治療について

突発性正常圧水頭症の治療は、主に髄液を排除することです
上記の髄液シャント術も、髄液を外に出すための手術方法です。
これらを施すことによって、認知症の症状が劇的に改善されるようです。
たとえアルツハイマー病と診断されても、この病気を疑って、専門医の診断を受けてみるのもいいことです。

スポンサードリンク

>> 関連記事一覧

関連記事


Copyright © 知っておきたい認知症?アルツハイマー病のこと、症状・治療等を解説? All Rights Reserved. ※当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます。