知っておきたい認知症トップ > 認知症患者の日常生活でのフォローショートステイを利用する

ショートステイを利用する

介護施設に短期入居ができるサービス

ショートステイというのは、要介護者が介護施設に短期間だけ入所するという介護サービスです。
入所している間は、日常生活の介助、機能訓練などを受けることが出来ます。
ショートステイには短期入所生活介護と、短期入所療養介護の2種類あり、施設によってサービスが異なります。

ショートステイの種類

短期入所生活介護というのは、特別養護老人ホームのような福祉系の施設に短期間のショートステイをすることが出来るサービスです。要介護認定が必要となり、入所をすると、日常生活の補助や介助、レクリエーションなどの機能訓練を受けられます。

短期入所療養介護は、介護療養型医療施設など、医療機関の施設や介護老人保健施設などに短期間入所出来るサービスになります。
要介護者は日常生活の介助だけではなく、医療的な治療や機能訓練、看護や介護を受けることが出来ます。
つまり、両者の違いは、医療的な介護サービスが受けられるか受けられないか、というものです。

ショートステイのメリット・デメリット

認知症患者がショートステイする場合には、短期入所療養介護のショートステイを利用します。
認知症は治療が必要になるので、症状の進行具合にもよりますが、一般的な介護施設のショートステイの利用は難しいでしょう。また、専門的な対応をしていかないと、ショートステイによって症状が進行してしまうこともあります。

長い目で見ると、在宅介護をする場合には、ショートステイは積極的に利用した方が良いでしょう。
介護者の負担を減らすことで、認知症患者によりよいケアをすることが出来るので、最初は1泊から始めて、少しずつ入所期間を増やして慣れさせていきましょう。

スポンサードリンク


Copyright © 知っておきたい認知症?アルツハイマー病のこと、症状・治療等を解説? All Rights Reserved. ※当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます。