特別養護老人ホーム

地方自治体が運営する介護施設

特別養護老人ホームというのは、行政が運営している介護施設で、要介護認定を受けている人だけが利用出来るのが特徴です。普通の有料老人ホームと同じだと思っている人もいるかもしれません。
でも、有料老人ホームは、お金を払えば誰でも入所することが出来ます。

だけど、特別養護老人ホームは行政が運営しているので、有料老人ホームよりも安い費用で入所することが出来ます。その代わり、自宅での生活が困難だったり、生活は出来るけど介護者がいない、要介護認定を受けている人じゃないと利用出来ないのですね。

特別養護老人ホームの特徴

また、特別養護老人ホームのもう一つの特徴は、集団生活をするということです。
有料老人ホームなどは、高額な料金を支払えば、個室で生活をすることが出来ます。
でも、特別養護老人ホームでは、数人のグループごとで同じ部屋で生活をしなくてはいけません。

ですから、介護スタッフにすべて面倒を見てもらうのではなく、グループの仲間同士で食事を作ったり、助け合ったりしながら生活をしていきます。そのため、要介護認定を受けていたとしても、精神障害があったり、暴力的な行為が見られる人は、入所出来ないこともあります。

入所の競争率が高い施設

そして、現実問題として、要介護認定を受けていても、希望者全員が入所出来ないということが挙げられます。
というのも、特別養護老人ホームは施設数自体が少ないため、入所は要介護の度合いによって決められます。
だから、入所したくても出来なくて、有料老人ホームに入所して順番を待っている状態の人も少なくありません。

スポンサードリンク


Copyright © 知っておきたい認知症?アルツハイマー病のこと、症状・治療等を解説? All Rights Reserved. ※当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます。