グループホーム

入居者同士で協力しながら生活する施設

グループホームというのは名前から分かる通り、入所者が数人でグループを組んで生活を送る施設になります。
もちろん介護スタッフは常駐していますが、基本的に、自分の身の回りのことは自分でするというのが、グループホームの特徴です。

自立した生活が脳を活性化させる

高齢者や認知症などの障害がある方を在宅でケアしていると、どうしても行動を制限してしまいます。
これは、本人の安全のためにはしょうがないことなのですが、それによって、認知症などが進行したり、自発性がなくなってしまったりします。内向的になったり、向上心がなくなることもあり、それによって精神的な症状が発症することもあります。

グループホームでは、自分自身で身の回りのことをするので、脳を活性化させたり、機能や運動能力の低下を防ぐことが出来ます。また、集団で生活をしていくので、ちょっとの変化にも気がつきやすいというのもグループホームの特徴と言えるでしょう。
常に周りに人がいるから病気などの症状が出てもすぐに対処出来るので、早い段階で治療することが可能です。

周囲とのコミュニケーションが症状の進行を防ぐ

それに、周りの人とコミュニケーションを取りながら生活していかなくてはいけない、というのも良い刺激になります。家族だと、黙っていても身の回りのことをしてくれますが、グループホームでは助け合いながら生活します。
ですから、認知症などの障害があっても、進行を防ぐ効果が期待出来ます。

自分で生活するというのが基本なので、費用が少なくて済むというのも特徴になります。
他の施設よりも比較的入所しやすく、自宅との行き来にも制限がないので、気軽に入所出来る施設と言えるでしょう。

スポンサードリンク


Copyright © 知っておきたい認知症?アルツハイマー病のこと、症状・治療等を解説? All Rights Reserved. ※当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます。