ケアハウス

日常生活の介添えが受けられる施設

ケアハウスというのは、60歳以上の方が対象で、食事や入浴などの介添えをしてもらえる施設です。軽費老人ホームの一つで、食事や入浴、排泄など日常生活を送るのが困難になってきている高齢者が利用出来ます。ケアハウスの特徴は、ふと所得に応じた低額な費用で、日常生活の介添えを受けながら生活出来るということです。

ケアハウスの特徴は自由度の高さ

また、他の介護施設のように、生活の自由が制限されることもなく、自分の時間を持つことが出来るのもケアハウスの特徴と言えます。要介護認定が必要ということもなく、自立した生活が困難になった高齢者なら入所出来ます。
もちろんスタッフが常駐しているので、何かあったときには対応してもらえますし、相談などにも乗ってもらえます。

要介護者も利用が可能な施設

身体的、精神的な症状が進行して、要介護となった場合でも利用することは可能です。
ただし、利用しているケアハウスが要介護に対応していないこともあります。
そういった場合には、要介護に対応したケアハウスに移る必要が出てきます。

要介護認定を受けた人のためのケアハウスでは、身の回りの世話はもちろん、リハビリや医療行為も受けることが出来ます。その代わり、利用料は倍ぐらいになってしまうので、費用負担が厳しくなってしまう方もいるでしょう。
そういう方は、ケアハウスにいながら、介護保険サービスや訪問介護サービスを利用することも出来ます。
つまり、ケアハウスは自宅と同じように利用出来る施設、という特徴もあるのですね。

スポンサードリンク


Copyright © 知っておきたい認知症?アルツハイマー病のこと、症状・治療等を解説? All Rights Reserved. ※当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます。