問診

検査は問診をもとに行われる

認知症の検査というのは、基本的に問診をもとに行われます。
ですから、病院に行くと、まずは他の病気と同じように問診表を渡されるのが一般的です。
ただし、認知症の疑いがある方というのは、自分ではどこも悪くないと思っていることが多かったりします。

また、症状が進行している場合だと、正しい内容を書くことが出来なかったりします。
見当違いのことを書いてしまうと、正確な診断が出来なくなってしまうので、問診表の記入は家族など第三者が行うのが理想的です。

問診内容について

問診内容は、検査を受ける病院によって若干の違いはあるものの、だいたいはほとんど同じです。
まず、認知症の代表的な症状である物忘れについて聞かれます。いつごろから物忘れの症状が顕著になってきたのか、物忘れの度合いや頻度はどれぐらいか等です。
物忘れは、認知症を判断する大事な症状なので、かなり細かいことまで記入することが多いようです。

細かく正確に回答することが大切

他には、物忘れ以外に気になる症状がないか。人格変化などは起こっていないか、家族や周囲に迷惑をかけるような行為をしないかなども記入します。もともとの性格や人格、生活環境や家族構成なども聞かれます。
こういったことは、他人に言うのは恥ずかしいこともあるかもしれませんが、はっきり書かないと意味がありません。ですから、出来るだけ細かく、正確に記入するようにしましょう。

また、病院によっては、問診表を記入するだけでなく、看護師や臨床心理士などが直接問診をすることもあります。
こういった席に本人が同席すると、意見を否定したり、事実とは異なることを言ったりします。
ですから、出来れば本人は席を外してもらいましょう。

スポンサードリンク


Copyright © 知っておきたい認知症?アルツハイマー病のこと、症状・治療等を解説? All Rights Reserved. ※当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます。