音楽療法

あらゆる症状に効果的な音楽療法

認知症のリハビリの中でも、多くの医療機関で実践されているのが音楽療法です。
音楽療法の効果というのはとても幅広く、患者さんによって差が大きい周辺症状にも効果が高いと言われています。つまり、特定の症状に対してだけではなく、あらゆる症状に効果があるので、音楽療法によるリハビリを行う医療機関が多いのですね。

音楽療法の効能とは

音楽というのは、心や身体をリラックスさせるので、不安や不穏、ストレスを軽減して、暴言や暴力行為などを減少させます。また、音楽を聴くと楽しい気分になるので、自発性や意欲を高めたり、人との協調や交流意識を向上させる効果も期待出来ます

とにかく、認知症の患者さんが、辛さを感じることなく楽しみながら行えるのが、音楽療法のメリットと言えるでしょう。

受動的音楽療法・能動的音楽療法

音楽療法は、音楽を聴くだけの受動的音楽療法と、音楽に参加する能動的音楽療法があります。
受動的音楽療法は、若いころに流行った歌や、クラシックのようにリラックス効果の高い音楽を、日常的な場面でBGMとして流す方法です。自然に耳に入ってくるので、患者さんが意識することなく作用して、認知症の症状の抑制に繋がります。

能動的音楽療法は、患者さんが歌を歌ったり、音楽に合わせて楽器を演奏したり、身体を動かしたりする方法です。自ら音楽に参加することで、楽しいという感覚や、人と一緒に行動する楽しさを思い出し、その楽しい気分によって協調や交流が改善されます。
また、身体を動かすと、運動機能の改善にも繋がるので、一石二鳥のリハビリと言えます。

スポンサードリンク


Copyright © 知っておきたい認知症?アルツハイマー病のこと、症状・治療等を解説? All Rights Reserved. ※当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます。