知っておきたい認知症トップ > 若年性の認知症

若年性認知症

若年性認知症は10代から64歳までに発症する認知症のことです 主な原因は脳のダメージや遺伝子による影響、脳疾患による血流障害が関係しています。
一般の認知症と比べ進行スピードが早い特徴があり、残念ながら確たる治療方法がないのが現状です。ただし、治療により症状の改善したケースもあるため、諦めずに治療を受けることが大切になります。

若年性認知症とは
10代から64歳までに発症する認知障害を若年性認知症といいます。
原因は?
主な原因には頭部への強い衝撃を受けること、遺伝による影響、脳梗塞などによる脳の血流障害などが考えられます。
治療について
根本原因を解消する治療法は確立されていませんが、リハビリや薬によって症状の緩和が図れます。

若年性アルツハイマー病

アルツハイマー病は高齢者の疾患として認知されていますが、実際には40代で発症するケースも存在します。これを若年性アルツハイマー病といいます。
根本原因は未だ解明されいませんが遺伝子と深い関係があるとされています。
アルツハイマー病と同様に確たる治療法が存在しないため、薬物によって進行を遅らせることで対処します。また、進行が非常に早いため早期治療が何より重要になる病気でもあります。

若年性アルツハイマー病とは
40代から50代で発症するのアルツハイマー病です。症状の進行が早く、また遺伝的要素が強い特徴があります。
症状について
若年性アルツハイマー病の代表的な初期段階はうつ病やせん妄です。症状は徐々に起こるのではなく、突発的に起こるのが特徴です。
治療方法は?
ベータアミロイドの蓄積を抑制するワクチン療法で対処します。ただし、安全性の問題から日本ではワクチン療法はを受けることが出来ません。

Copyright © 知っておきたい認知症?アルツハイマー病のこと、症状・治療等を解説? All Rights Reserved. ※当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます。