知っておきたい認知症トップ > 若年性の認知症原因について

原因について

脳のダメージが原因になる

若年性認知症になる原因というのは、専門的に分析されたものだと、膨大な数の原因が挙げられます。その中で、特に一般的な3つの原因をピックアップします。

一つ目は、頭部に強い衝撃を受けたことがあるということです。
交通事故で頭を打ったり、転んでコンクリートに頭をぶつけたというような経験の後遺症によって、若年性認知症になることがあります。頭に強い衝撃を受けると、脳は大きなダメージを受けます。
例え治療を受けたとしても、脳のダメージが完全に回復されないこともあるので、後になってその影響が出てくるのです。

遺伝的要素も関係している

二つ目は、遺伝子による影響です。これは、若年性アルツハイマー病に共通することですが、認知症の原因の一つに遺伝子というものが挙げられます。特定の遺伝子を受けつでいることによって、若年性認知症になってしまうのです。ですから、親族に認知症の方がいる場合には注意が必要です。

血流の乱れも原因になる

三つ目は、脳の血流が乱れてしまうことです。一般的には、脳梗塞などの脳疾患などが原因によって起こります。
また、高血圧や脳血流減少などによっても、脳の血流は乱れます。脳の血流が乱れると、脳の働きが低下してしまって、若年性認知症が引き起こされます。

これは、多くの若年性認知症の原因になることです。喫煙の習慣やアルコールの多量摂取、睡眠不足や疲労が溜まっているという方は、脳梗塞を起こしやすい状態にあります。
そのため、若くても認知症になってしまう可能性が高くなるので気を付けましょう。

スポンサードリンク


Copyright © 知っておきたい認知症?アルツハイマー病のこと、症状・治療等を解説? All Rights Reserved. ※当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます。